転職するなら需要が高まってる保育士がオススメ

先生と生徒

人当たりがいい

保育士はバイトであろうが正規雇用であろうが関係なく、子供と必ず接します。そのため家庭教師や医療事務と共通して色々なタイプの人と関わるため思いやりのある対応ができる人は保育士に向いているでしょう。

体力がある

保育士は子供を抱っこしたりおんぶしたりするなどをする場面が多いです。そのため体力に自信がある人は保育士にぴったりです。鹿児島エリアは保育士が不足していますので、体力に自信がありかつ転職希望の方は保育士の求人を探してみるのもよいでしょう。

書類作成が得意

日報や今後の指導スケジュールの作成など、事務作業がとにかく多いです。そのため文章を書くのが苦にならない人は保育士に向いていると言えます。

[PR]
保育求人まとめ
やりがいのある職に就こう

認可保育園と無認可保育園の違い

認可保育園

国や自治体から認可を受けた保育園です。認可保育園は「公立」と「私立」に分けることができ、公立の認可保育園で働く保育士は公務員に分類されます。多くの認可保育園が延長保育に力を入れていますので、保護者側としては時間に融通がきくというメリットがあります。

無認可保育園

国や自治体から認可を受けていない保育園です。多くの無認可保育園が民間企業や個人によって運営されております。そのため運営側が自由に保育料を設定することができるため高額になりがちなのが難点ですが、認可保育園よりも時間の融通がききやすいです。

保育士の仕事内容を知りたい

子供好きな人にとって保育士は天職と言えるでしょう。しかしながら、理想と現実のギャップがありすぎて泣く泣く保育士を辞めたケースも少なくありません。京都には優良な求人が数多くありますが、ギャップが大きすぎるがゆえに辞めてしまうのは勿体無いです。今回は理想と現実のギャップを少なくできればと思い、保育士の基本的な仕事内容を記載しました。

保育士の仕事の流れ

出勤

園児を出迎える必要がありますので、早朝に出勤する必要があります。園内の掃除をしたり、換気をしたりなどします。園児は元気いっぱいなのでとてもパワフルです。上手に対応できるよう準備運動もしておくとよいでしょう。

出迎え

園児が登園するのを出迎えます。その後朝の挨拶をすることになりますが、この時に園児の体調に変化がないかどうか声の調子や顔色を入念にチェックしましょう。この年齢の子供は体調が変化しやすいです。朝だけではなく、一日中体調に変化がないか確認する必要があります。

自由時間

園児にとっては楽しい時間です。周りに危険なものがないか常に気を配るようにしましょう。時には一緒に遊んだりして遊びの楽しさを教えてあげるのが教育としてとても大切なことです。自由時間が終わりましたら昼食があり、その後お昼寝の時間です。そして夕方になるころには保護者が子供を迎えにきます。

勤務終了

保護者が子供を迎えにきましたら、保護者へ子供がどのようにして過ごしたのか伝えます。その後事務処理をし、片付けや戸締まりを済ませましたら、1日の勤務が終了です。なお、場合によっては延長保育をすることがあります。

[PR]
京都で話題の家庭教師のバイト♪
貴重な体験にもなる!

[PR]
東京の介護士求人情報!
未経験・ブランクありでもOK