しわに効果のある化粧品【コスメの見極め方マナビ】

紫外線と活性酸素の関係

SPAの数字の意味とは

美容

しわに効く化粧品としてまずは、紫外線を防いでくれるものを選びます。そのために化粧品のパッケージや説明文、広告などからSPFとPAを確認することが、しわに効く化粧品の選び方となります。SPAというのは中波長紫外線に対し、どのくらいブロック出来るのかということを表してるため、SPAの後に表記されている数字をよく確認します。数字の見方としてSPA1は紫外線をブロックしてくれる効果が20分、ということを示しています。例えばSPA40と表記されていれば、13時間以上の効果があるといわれています。つまりこの数字が大きければ大きいほど、しわに効く化粧品だといえるのです。ではなぜ紫外線をブロックしてくれるものが、しわに効く化粧品となるのでしょうか。

なぜ紫外線対策をするのか

これは紫外線を浴びたときに活性酸素が発生することに関係しています。肌は一番表面を表皮といい、その下に真皮の部分があります。真皮の部分はコラーゲン繊維とヒアルロン酸などで出来ています。しかし紫外線を浴びることで発生した活性酸素が、このコラーゲンを破壊してしまいます。そのため肌をクッションのように支えていた、コラーゲンを含むこの構造が破壊されてしまいます。そしてクッション部分が減少したり、固くなってしまった肌の表面は結果的に、たるんでしまいシワを作ることになるのです。そのため日頃から紫外線対策を強化し、紫外線をブロックする化粧品を日常的に使うことが、シワになることを防ぐことにつながります。SPAのほかに、長波長紫外線を防ぐPAの+の部分の表記が多いものを選ぶことも大事です。